<共同通信> 上念司氏がMBSのラジオ番組で、朝鮮学校を「スパイ養成的なところ」と発言したのはヘイトスピーチだとして、在日本朝鮮人人権協会が抗議 MBS側が謝罪 ⇒ 上念司氏「取材せずに適当な記事を書く、それを偏向報道といいまーす!あざーっす!」

まずは、クリックのご協力をお願いします
 ↓↓↓m(__)m
 にほんブログ村 政治ブログへ





共同通信

MBSラジオ(大阪市)の番組内で、経済評論家の上念司氏が朝鮮学校を「スパイ養成的なところ」と発言したのはヘイトスピーチだとして、在日本朝鮮人人権協会の関西地方の支部が抗議し、MBS側が「配慮に欠けた」として当該部分を削除していたことが16日、分かった。

2月21日の「上泉雄一のええなぁ!」で、北朝鮮のミサイル問題を話す際、上念氏は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)を締め付けるべきだと主張。学校を「スパイ養成的なところもあった」と話し、生放送された。

人権協会側は今月3日、MBSラジオに質問状を送っていた。

https://www.47news.jp/9067275.html

朝日新聞

朝鮮学校について出演者が不適切発言 MBSラジオ番組で 局は謝罪

在日本朝鮮人人権協会(東京都)は、MBSラジオ(大阪市)の番組「上泉雄一のええなぁ!」で出演者が朝鮮学校を「スパイ養成的なところ」と発言し、関西の傘下団体から質問状を送付したと明らかにした。

協会とMBSラジオによると、2月21日の放送で、北朝鮮のミサイル発射実験について議論する際、経済評論家の上念司氏が朝鮮学校について「スパイ養成的なところもあった」などと発言した。同局は「誤解を招く表現があった」と判断し、3月10日の放送で別の出演者がおわびをし、ホームページ上で謝罪文を掲載した。謝罪文の掲載は10日深夜までだった。YouTubeなどでは、該当部分をカットした状態で配信を続けている。

 ほかにも上念氏は、「OBが日本人拉致に関わっている」などと発言しており、在日本朝鮮人大阪人権協会の文時弘(ムンシホン)事務局長は、朝日新聞の取材に「MBSラジオの対応は不誠実で不十分。音声を一部のみカットして、配信を続けることも問題だ。引き続き誠実な対応を求めていく」と話した。

朝日新聞社
https://news.yahoo.co.jp/articles/ad53ca43fcfd956a4ef18eeb4b8b32273afaa7b6




管理人
上念司氏の反論





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2023 All Rights Reserved.