米下院、「国防権限法案」を可決 中国にらみ抑止力強化 総額は約8860億ドル(約126兆円)

クリックのご協力をお願いします
 ↓↓↓m(__)m
 にほんブログ村 政治ブログへ




米下院は14日、2024会計年度(23年10月~24年9月)の国防予算の大枠を決める国防権限法案を賛成多数で可決した。
総額は約8860億ドル(約126兆円)。
覇権主義的な動きを強める中国をにらみ、インド太平洋地域で抑止力を強化するための基金「太平洋抑止構想」(PDI)に147億ドルを盛り込んだ。

上院では13日に可決し、バイデン大統領が近く署名して成立する。

法案は、台湾支援の強化や米英豪の安全保障枠組みAUKUSの連携などもうたっている。
ウクライナへの支援では、軍需産業から兵器を購入する「ウクライナ安全保障支援イニシアチブ」の26年末までの延長を認めた。

米下院、国防権限法案を可決 中国にらみ抑止力強化(共同通信) - Yahoo!ニュース
...

追加ソース

米予算、インド太平洋重視 上院が国防権限法案可決

米上院は13日、2024会計年度(23年10月~24年9月)の国防予算の大枠を決める国防権限法案を賛成多数で可決した。中国をにらみ、インド太平洋地域で抑止力を強化するための基金「太平洋抑止構想」(PDI)に147億ドル(約2兆円)を充てた。総額は約8860億ドル。下院も近く可決し、バイデン大統領が署名して成立する。

法案は、台湾の防衛能力向上に向け、台湾軍に幅広い分野で訓練や助言、能力構築プログラムを提供するよう促した。

インド太平洋地域の同盟・友好国との合同演習を通じて米軍の能力増強を図るとした。米国、英国、オーストラリア3カ国の安全保障枠組みAUKUS(オーカス)を巡り、オーストラリアへの最終的な原子力潜水艦売却を承認した。

上院(定数100)での採決結果は賛成87、反対13。民主党トップ、シューマー院内総務は法案成立で「ロシアに対抗し、中国に立ち向かえる」と強調した。(共同)

https://www.sankei.com/article/20231214-LL3ZICD7DNPRPEVGNCJVADGZZA/




管理人
ネットの反応
名無し
2026年末って、まだ3年も続ける気があるのか
名無し
中国の台湾進攻はいつかなあ
早ければ来春かなあ
名無し
>法案は、台湾の防衛能力向上に向け、台湾軍に幅広い分野で訓練や助言、能力構築プログラムを提供するよう促した。
 
台湾有事のカウントダウンが始まった
名無し
スゲー予算だな
名無し
デニーどうすんのこれw




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村