LINEの元技術者「LINEはもはや、ネイバーの技術やシステムがなければ運用できないほど依存している。ネイバー側は重要な部分についてはブラックボックス化しており、日本側がアクセスできない仕組みになっている。LINEがネイバーを切り離すことは不可能」

まずは、クリックのご協力をお願いします
 ↓↓↓m(__)m
 にほんブログ村 政治ブログへ




前文略

政府関係者が「通信事業者として不誠実な対応」と吐露

 3月5日、LINEヤフーの出澤剛社長が報道陣に発した一言に、峯村氏は耳を疑ったという。

「(韓国ネット大手)ネイバーとは親会社・子会社の関係性の中で、システム共有化などの協業を行ってきた」

 3年前に国や利用者に誓っていた「完全国内化」は一体どこへ行ってしまったのか。

 日本政府関係者は、峯村氏の取材にこう不信感をあらわにしたという。

「今回の問題が発覚するまで、LINEがネイバーのシステムを使っていたという重要な事実について、政府は一切報告を受けていなかった。前回の個人情報不備が発覚した際、今回のネイバーとのシステム共有化のことも検証して公表すべきことであり、通信事業者として不誠実な対応と言わざるをえない」

なぜLINE側はネイバーのシステムを使い続けるのか。

 LINEの元技術者は、今回の峯村氏の取材にこう述べている。

「LINEはもはや、ネイバーの技術やシステムがなければ運用できないほど依存している。ネイバー側は重要な部分についてはブラックボックス化しており、日本側がアクセスできない仕組みになっている。LINEがネイバーを切り離すことは不可能といっていいだろう」

 LINEの国内月間利用者数は、9600万人(2023年12月末時点)で、日本の全人口の70%以上をカバーしている。1日に1回以上利用するユーザーは86%(2023年6月末時点)で、SNSのなかでも、とくに利用率が高い。

 しかも、LINEは単なる「コミュニケーションツール」にとどまらない。決済サービス「LINEペイ」や求人情報サイト「LINEバイト」など、日常生活に関わるあらゆるサービスを展開しているからだ。

 さらには、政府や多くの地方自治体が、LINE公式アカウント上で、住民からの相談や納税などに対応し、「行政業務のDX(デジタル化推進)のツール」として、LINEを大々的に活用している。2021年時点で中央省庁18機関、全国の地方自治体の約65%が業務に利用し、機密情報や住民の個人情報なども扱われている。

台湾当局や軍の要人がハッキングされていた

 2021年7月、16歳以上の約98%がLINEを利用している台湾では、台湾当局、政党、軍の要人など100人以上が、LINEを通じてハッキングされていたことが判明し、危機感が高まっている。台湾で安全保障を担う高官は、峯村氏の取材にこう述べたという。

「中国側によるサイバー攻撃の可能性が高い。多くの台湾人は、LINEは『日本製アプリ』だと信じて使っている。同社や日本政府には抜本的な対策を急いでほしい」

 峯村氏はLINEアプリ利用者にこう警告する。

「ネイバーが中国に設立した『ネイバー中国』はネイバーのソフト開発や運用を担っており、LINEがネイバーと共通のシステムを使っている以上、中国側への情報流出のリスクがある」

「少なくとも、機密情報に触れうる国会議員、官僚、自衛隊員は、LINEを使ってはいけない」

 峯村氏が「LINEアプリの危険性」を明らかにした「 個人情報ダダ漏れ LINEは危なすぎる 」は、「文藝春秋」2024年5月号(4月10日発売)、および「 文藝春秋 電子版 」(4月9日公開)に掲載されている。

「文藝春秋」編集部/文藝春秋 2024年5月号

https://news.yahoo.co.jp/articles/205d2171ee06ffb8949f97aa85fbde5b4dbd5aae?page=1

文藝春秋 2024年 05 月号 [雑誌]

文藝春秋 2024年 05 月号 [雑誌]

1,100円(06/18 21:14時点)
Amazonの情報を掲載しています
台湾有事と日本の危機 習近平の「新型統一戦争」シナリオ (PHP新書)

台湾有事と日本の危機 習近平の「新型統一戦争」シナリオ (PHP新書)

峯村 健司
900円(06/18 08:48時点)
発売日: 2024/02/15
Amazonの情報を掲載しています




管理人
ネットの反応
名無し
大手機械メーカーでシステム部門に勤めている同級生が、
「LINEのセキュリティは信用できない。会社用のスマホには社内ルールでLINEをいれてない。個人スマホには子供の学校関係で仕方なくいれているけどやり取りは最低限にしているし、個人情報は絶対LINEに流さない。」と言っていました。
民間企業でも気を使っているのですから国もLINEには注意してもらいたいですね。
名無し
これは、同様にPayPayといったサービス、LINMOというmvnoサービスも同様です。つまりはソフトバンク系列でLINEの運営と切り離しが出来ていない可能性があるサービスに対して、個人情報を登録、提供する事は漏洩に繋がると思った方が良いです。
名無し
LINEから情報が漏れるなんて、もはや常識レベルと思ってたので今さら感がある。
情報漏洩に関する罰則を厳しくしない限り、LINEなどのアプリを使った情報漏洩は後を絶たないだろうけど。
名無し
数年前に自衛隊で情報共有方法からLINEが消えましたね。若い子はわからないですが、幹部や本部要員は韓国の一件以来LINEを信用していません。使うとしても仕事用は別のツール使ってますね。
名無し
電力インフラは中国に、通信インフラは韓国に侵食されつつある。
途上国なら仕方ないかもしれないが、日本がまだ先進国であるというなら生活インフラは100%日本企業が運営管理すべき。
日本の政治家が自分の利益の為に売国してるようにしか思えない




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Amazon プライム対象