佐川急便が導入した7200台のEV車(電気自動車)は中国車ではありません!日本車です! 企画・設計は日本のEVベンチャー(ASF株式会社)で、中国は単に生産するだけです! Appleや任天堂が、自社工場を持たずに中国で生産しているのと同じです!

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




佐川の新EVは「中国車」じゃない? 日本発のファブレス方式でEV市場の覇権を狙う物流大手の佐川急便が、自社の配達車両に電気で走る軽自動車を採用すると2021年4月13日に発表しました。

 この小型EV(電気自動車)は2022年9月から納入が始まり、現在使用している軽自動車7200台を置き換える計画です。

 今回、佐川急便が採用を決めた小型EVは現在軽自動車に乗務する佐川急便のドライバー約7200人にアンケートを実施し、ドライバーの意見を徹底的に反映させた独自の車両として開発される予定です。

 企画や設計は日本のEVベンチャー、ASF株式会社(以下、ASF)が担い、生産は中国・広西に本拠地を置く広西汽車集団傘下の「柳州五菱汽車」がおこないます。

 現在の報道で勘違いされている点として、今回佐川急便が採用を決めた小型EVは「中国車」ではなく、広西汽車集団が展開する既存の車両を輸入するわけでもありません。

 設計などの開発面はあくまで日本企業であるASFが独自におこない、中国自動車メーカーの工場で生産する方式です。
ASFは日本国内でのEVの普及促進を目指して2020年6月に設立されたファブレスメーカーです。

 ファブレスメーカーとは、自社製品の製造のための自社工場を持たないメーカーのことを指します。
 身近なところでたとえるとiPhoneやiPad、MacBookなどで知られるアップルや、ゲーム機のNintendo Switchやニンテンドー3DSなどで有名な任天堂もファブレスメーカーの一種となります。
 「ファブレス方式」は今でこそコンピューターやモバイル機器などではおなじみとなりましたが、今回のようなEV事業ではまだまだ新しい手法です。
 それゆえ、佐川が導入する予定の小型EVは「中国製」ではあっても、「中国車」とはいいません。
中国などで生産されているiPhoneを「中国のスマホ」と形容しないのと同じ理屈です。

https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/617e65f10bedf2ff16d371a1fc2fbb1e92695cba/

関連記事




管理人
ネットの反応
名無し
これじゃ雇用発生しないジャン
名無し
なんだ、もしかして日本バッテリーだったら
そこそこ良いかもなあw
名無し
だったら、中国で作る意味がないだろ
他国でやればいい
名無し
まあ技術は全部盗まれて新幹線の二の舞ですけどね
名無し
いや次から同じもを中国メーカーがつくって納入されてしまう
名無し
その製造を日本でやって欲しかったなあ
名無し
日本は今や中韓の下請け!!とか大はしゃぎしてたぱよちんここれどうすんの?
名無し
コピー商品で駆逐されるまでがセット
名無し
郵便局なんかも続きそうだな
日本メーカーも商用向けにどんどん作れよ
名無し
でもファブレスっていろんなタイプあるからな
細かい指示書ある設計じゃなくこんなん作れって基本要件だけ出して結局OEMと同じやんみたいなんのもあるからな
ファブレスって言葉で判断するんじゃなく実態どうなんかって踏み込めよ




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.