時事ニュースのネットの反応まとめブログ

アノニマス ポスト

<環境ファシズム>小泉環境大臣「2030年までに日本中の公共施設やビル、住宅の屋根に置けるだけパネルを置いていきたい」⇒「火災時、ソーラーパネルがあると、消防士が感電する恐れがあり、消火活動が遅れる」「豪雨で家屋が水没したら感電する恐れがある」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




 小泉環境大臣:「2030年までに日本中の公共施設やビル、住宅の屋根に置けるだけパネルを置いていきたい。そのことによって世の中の景色を変えたいと思っています」

 小泉大臣は太陽光パネルの設置が脱炭素への切り札だとして、東京のビルにはまだまだ置ける所があると意欲を示しました。

 具体的な支援策については6月までに示す方針です。

[テレ朝news]


関連記事

 ↓

「消防は、建物の2階と3階には窓がほとんどなく、外からの放水が難しく、屋上にはソーラーパネルがあり、水をかけると、消防隊員が感電する恐れがあるため、直接、放水することができませんでした。さらに建物の中の温度が一時、500℃に達し、熱で壁がゆがむなど倒壊の恐れもあり、慎重に活動する必要があった」

▼アスクル倉庫火災 再び爆発 消火活動難航 鎮火めど立たず - NHKニュース

水没した太陽光設備は専門家以外さわってはいけない

栃木県、茨城県、宮城県などを襲った豪雨被害の影響から、太陽光発電設備も大きな被害を受けた状況だが「安易に近づくべきではない」と太陽光発電協会が警鐘を鳴らしている。

 被害からの復旧作業が徐々に進みつつある状況だが、太陽光発電設備のパワーコンディショナーや太陽電池パネルと電線の接続部などは、接触すると感電の恐れがある。また太陽電池パネルおよびパワーコンディショナーが破損している場合も、近づくと感電する恐れがあるため、基本的には専門家に任せるべきだという(図1)。
https://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1509/14/news064.html

関連ツイート




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.