時事ニュースのネットの反応まとめブログ

アノニマス ポスト

<韓国メディア> 韓国政府、三菱強制動員被害者の肉声証言記録物を紛失 

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




(単独)三菱強制動員被害者肉声証言…政府が「紛失」

これまで韓国政府は日本に強制動員された被害者の声を記録してきました。被害事実を証明する重要な国家記録物です。それでJTBCは、国家記録院に記録物を公開するよう要請しました。ところが、多くの重要な記録物が消えたことで確認されました。多くの犠牲者がすでにこの世の中にいないため、再度記録することもできません。

ハ・ヒェビン記者がお伝えします。

(記者)

日帝強占期に三菱が運営していた炭鉱などに連行され、強制的に働いていたチョン・マンス、ソ・ジョンマン、ユン・ビョンリョルおじいさんたち。

2009年、国務総理傘下の強制動員被害真相糾明委員会に出席し、被害事実を証言しました。

録音ファイルや映像などは2015年、委員会解散に伴って行政安全部傘下の国家記録院に移管されました。

すべて重要な国家記録物だからです。

取材陣は、当時、委員会が書いた報告書と記録物を全て公開してほしいと要請しました。

関連資料をすべて見つけることができないという回答が返ってきました。

さらに、紛失理由は分からないとまで言いました。

国家記録院関係者
「ユン・ビョンリョル、ソ・ジョンマン、チョン・マンス、この3人だけ。まったくないですね。我々は録音ファイルを見つけられませんでした。 理由はよくわかりません」

現在、この3人のおじいさんは全員、この世を去っているため再び面談することもできない状況です。

映像記録物があっても公開することができない場合も多かったです。

証言内容を公益目的に活用しても良いという同意書があるのかを確認できないためです。

国家記録院関係者
「原則は(同意書に)署名を受けることで、署名を受ける場面も録画をするものだったのですが、同意書を受けたという調査官はいますが、それが丸ごとなくなった状態のようです」

それさえも残っている記録物には、調査当時の準備がずさんだった状況がそのまま盛り込まれています。

強制動員委員会関係者
「これ(テープの)設定を間違えたようだ。テープを伸ばしておいた。(それでどうなる?)画質が良くないか、そのようにテープを伸ばす。1時間のものを」

「バッテリーが不足して録画が中断された」とか「被害者に対する事前の知識が不足した」という内容が記録されていることもあります。

国家記録院は委員会設立の初期の記録物を扱う方法をよく知らず、資料が移管されて以降の業務が多く、管理が不十分だったと説明しました。

被害生存者たちの証言は、我が国の裁判に活用することができるのみならず、国際社会に被害事実を知らせるためにも必要な歴史的資料です。

現在、強制動員被害者のほとんどはこの世を去り、残っている生存者たちは高齢で、健康状態が良くありません。

キム・ジョンウン|勤労挺身隊おばあさんと共にする市民の会事務局長
「すでに多くの方々が亡くなり、今日被害者に会って話を交わしたとしても、明日被害者が亡くなるものも自然な年齢です」

http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/58027612.html

管理人
韓国ネットの反応はカイカイ反応通信さんでどうぞ




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.