時事ニュースのネットの反応まとめブログ

アノニマス ポスト

ワクチン接種がスムーズに進む過疎地域 高校生にも接種開始 6月5日までに全住民が2回目の接種を終える予定 =ネットの反応「地方から見ると、都会のワクチンの争奪戦が嘘のように感じる」「もう高校生が打ってるとか、別世界かよ…」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




全住民に2回接種してもワクチン余る村、高校生にも接種開始「全国で不足する中…ありがたい」

 全国の過疎の自治体で、新型コロナウイルスの高齢者向けワクチンを年齢制限を設けずに接種する動きが広がっている。政府は、全市町村にワクチンを最低1箱(975回分)配布したが、人口が少なく、全住民に2回接種しても余りが出るためだ。人口432人(今年4月時点)の自治体・和歌山県北山村では15日、高校生への接種が始まった。

 「全国でワクチンが不足する中、ありがたい」

 午前9時過ぎ、村内唯一の診療所で接種を受けた高校3年の男子生徒(18)はホッとした様子で話した。

 厚生労働省は4月上旬以降、65歳以上の高齢者向けのワクチンを人口規模に応じて各市町村に配分。特殊な容器で冷凍保存の必要があるため、1箱単位で配分し、1箱には975回分か1170回分が入っている。各市町村に975回分の1箱が必ず届くことになっており、北山村には今月2日、975回分が入った箱が届いていた。

 今年4月時点の村の人口432人のうち、接種対象の16歳以上は383人だ。このうち希望者は318人で、全員が2回接種しても339回分が余るという。

 厚労省は、過疎自治体などでワクチンが余った場合、高齢者以外への接種を容認している。そのため、北山村では年齢制限を設けず10日から1日約60人ずつ進め、全村民が6月5日までに2回目の接種を終える予定だ。余った分は県を通じて県内の他の市町村に回すという。

読売新聞
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210515-OYT1T50142/




管理人
ネットの反応
名無し
田舎最強説
名無し
過疎地域が摂取する意味とは
名無し
病院も無さそうだしいいんじゃねえの
名無し
しなくてもあんまり罹らんような地域やろ
名無し
東京とかから帰省する奴等居るから必要だろ
名無し
コロナにビビってるジジババは疎開しろよ
名無し
ワクチンで地方創生
名無し
地方から見ると、都会のワクチンの争奪戦が嘘のように日程とか順調やもんな 受けたい人は全員日程決まってるんじゃないか
名無し
接種が終わった地域からどんどん日常に戻っていくからな
いつまでも遅々として進まない地域は精神的に悲惨なことになりそうだな
名無し
この高校生はワクチンと製薬会社を信じきっているんだろうな
名無し
半分以上の日本人は信じてると思う
名無し
誰も死にません様に…
名無し
もう高校生が打ってるとか、別世界かよ…
名無し
別に打つ気ないしどうでも良いや
名無し
さてと、そこへ引っ越すとするか
名無し
まぁ、打てるところはどんどん打ってけ




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.