【朝鮮日報】ファーウェイ排除 日本と比べて韓国は非協力的 米国務長官が認識示す~ネットの反応「『日本に比べて』←これ韓国に効く言葉w」「民間に任せるとか無政府宣言してたしね」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

「同盟国によって対応に違いがある」

米国のマイク・ポンペオ国務長官は12日(現地時間)、「韓国や日本、フィリピンなどアジアの同盟国は中国の脅威を警戒しているか」という質問に対し「(国によって)違いがある(It varies)」と答えた。「違いがある」という回答の意味については明確に説明しなかったが、事実上、韓国が日本に比べて、華為技術(ファーウェイ)への禁輸措置をはじめとする米国の対中政策に非協力的だという認識を示したもの、という見方がなされている。

ロバート・ラプソン駐韓米国次席大使も14日、韓国国会外交統一委員会の尹相炫(ユン・サンヒョン)委員長と会って「(華為の機器の使用は)韓米軍事安保にとってさまざまな害になりかねない」と、同様の懸念を伝えた。ハリー・ハリス駐韓米国大使が最近、数回にわたって韓国政府の華為問題対応に不満を表明したのに続いて、国務長官をはじめとする米国政府関係者が類似の発言を連発しているのだ。「華為の機器を使用するかどうかは企業の自主判断に任せる」という立場を表明した韓国政府に対し、連日圧迫のレベルを高めていると解釈される。

ポンペオ長官は12日、米国のあるラジオ放送のインタビューで「われわれは、中国が華為の機器を用いて米国に潜り込み、情報収集する問題について話し合い、この件にトランプ大統領は大きな反応を示した」「中国の脅威はそれ(貿易戦争)よりも広範囲で、大統領はこのことを理解していると思う」と語った。さらにポンペオ長官は「われわれは、中国のあらゆるレベルの挑戦から米国人を保護すると決定した」「商業的プロジェクトを装った(中国の)国家安全保障プロジェクトは、(中国が)国営企業を政治的な影響力と権力を得るために使おうとする試み」と語った。単に貿易戦争だけでなく、技術・軍事・情報などあらゆる分野で中国との覇権戦争が繰り広げられている-というのだ。

ポンペオ長官のこうした発言が飛び出してから一日しか経っていない14日、今度はラプソン次席大使が韓国国会を訪れ、韓国国内における華為の機器の使用がはらんでいる危険性について繰り返し説明した。米国の反華為戦線に賛同することを、韓国政府に続いて韓国国会にも要求したのだ。尹相炫議員は14日のブリーフィングで「ラプソン次席大使は、通信分野で韓米軍事安保にとって害になりかねない、と心配していた」と語った。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/15/2019061580015.html
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/06/15 09:40

※関連記事

【中央日報】中国当局、サムスンやSKに「米国に協力すれば深刻な結果に直面するだろう」と警告~ネットの反応「踏み絵きたこれw 究極の選択w」「どちらを選んでもどちら側からの制裁は免れられない」

管理人
ネットの反応
名無し
中国から韓国にファーウェイを使うように圧力掛かってるから協力しないでしょ
名無し
韓国はどうすんのコレ
名無し
ムンが無能すぎて呆れてるのね
名無し
対北においても対中においても韓国は敵側だ
いい加減制裁しろ
名無し
やっぱり嫌われてんなww
名無し
民間に任せるとか無政府宣言してたしね
名無し
深読みせずに突進しろ
名無し
韓国は中国の僕が一番安心だろうな
独り立ち出来ない国だし
名無し
『日本に比べて』←これ韓国に効く言葉w
名無し
サムスンもやられるぞ
名無し
米国様も、韓国の嘘は聞き飽きただろう
そろそろ実効性のある締め付けを首の辺りにギュッとな

名無し
事大主義だからどっちが優勢なのか見てるんだよ
名無し
ホントにどうしていいか分かんないんじゃない
だからどちらかが優勢になるまで中立()でいたいんだろ
そんな都合のいい事許してもらえるはずはないが
名無し
ムンはこれになんて答えるの?
名無し
そりゃあ韓国は今反米政権だしw
名無し
「サムスン電子のスマホや電子機器にファーウエイと同様な安全保障上の重大な問題が見つかった」
アメリカのこの一言でサムスン財閥は潰れる
名無し
「ファーウェイとの取引および米国技術の不正な供与によりサムソン電子をブラックリストに入れる」って言えば十分だよ
名無し
韓国は輸出依存度が高くて中国は最大の輸出先
中国がヘソを曲げたら経済が崩壊するからな
名無し
どのみち大きな市場の何れかを失うことには変わらないがその前に致命的になりうる日本からの制裁を忘れてませんかね?

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする