<工業新聞>日本特殊陶業が開発した「全固体電池」が桁違いにスゴイ! 実用化されている酸化物系固体電池と比べ最大100倍の容量

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




日特陶が開発した容量10ワット時の「全固体電池」がスゴい

 日本特殊陶業は、容量10ワット時を実現した非焼結型全固体電池を開発した。同社によると、実用化されている酸化物系固体電池と比べ最大100倍の容量という。またマイナス30度Cから105度Cの温度域で使用できるのも特徴。従来のリチウムイオン二次電池の使用可能な温度範囲は60度Cまでとされる。日特陶は今回の非焼結型全固体電池を自動車のECU(電子制御ユニット)のバックアップ用電源、運輸業者向けのアクティブRFID(無線識別)システムなどに提案する。

日特陶の非焼結型全固体電池は、独自に開発した酸化物固体電解質により、体積エネルギー密度で1リットル当たり300ワット時を達成した。サイズは30ミリメートルから110ミリメートルまで対応できるという。車載関連のほかに、不燃性という特性を生かし煙感知器などのセンサー向け、警報機器向けなどでの活用を視野に入れる。

 また日特陶は、宇宙ベンチャーのispace(アイスペース)が2022年に計画している民間月面探査プログラムに参画しており、開発した非焼結型全固体電池に関して、世界初という月面での実証試験を行う方針だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/060dbead6a5f5901f6aa62e841f8caa0129347ce




管理人
ネットの反応
名無し
中国には気を付けて。
ハッキングで盗まれたら最後、1/10のコストでコピーされてしまう。
名無し
なるほどわからん
名無し
結局、どこの固体電池が凄いの?
村田製作所?ソニー?トヨタ?

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2021 All Rights Reserved.