米政府、24日に予定していた「ロシア・ラブロフ外相との会談中止」を表明 ブリンケン長官は「侵攻が始まり、ロシアが外交を全面的に拒否している今、会談を進める意味はない」 =ネットの反応「ロシアは始めっから会談なんかする気ねーよ」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




TBS NEWS

【速報】米ブリンケン長官 “ロシア・ラブロフ外相との会談中止”を表明 親ロシア派地域の独立承認うけ

ロシアがウクライナ東部の親ロシア派支配地域を独立国家として承認したことを受け、アメリカのブリンケン国務長官はさきほど、24日に予定していたロシアのラブロフ外相との会談を中止したと明らかにしました。

ブリンケン長官は「侵攻が始まり、ロシアが外交を全面的に拒否している今、会談を進める意味はない」と強調しました。





管理人
ネットの反応
名無し
武力攻撃はいつでもできる
経済制裁でどこまでできるか見てみたい
名無し
ドイツ、フランス、イギリスが静かだね
NATOはどうすんだ?
名無し
全くニュース見て無くて草
どうせ2ちゃんねるくらいしか見てないんだろ?
名無し
はじめからそう言ってたじゃないか。会談なんぞやりたくなかったんだろよ、ロシアは。
名無し
一方、林外相はロシアとの経済協力に向けて会談するのであったww
名無し
プーチンに試されてるだけだし
いつまでも付き合わなくっていいぞ
名無し
たしかに、戦争となれば外務大臣なんて小使並み。コロナ禍における厚労大臣と同じだよ、なんの権限もない。





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.