バイデン大統領が台湾に特使団を派遣 米国「蔡総統と台湾国民に米国が約束を固く維持していくと改めて保証する」 台湾は正式に「クアッド参加希望」を表明 ポンペオ元国務長官も今日3日に台湾を訪問 =ネットの反応「これと今日の台湾の大規模停電と関係ある?」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




米国「台湾との約束保証」 台湾「クアッド参加希望」…中国「徒労だ」反発

米国のジョー・バイデン大統領が台湾に派遣した事実上特使団が「台湾との約束」を固く守っていくと明らかにした。台湾は今回の米国代表団訪台を通じてアジア太平洋地域の対中牽制(けんせい)体である日米豪印戦略対話(QUAD=クアッド)に参加し、外交的突破口を用意したいとの希望も正式に伝達した。

2日、台湾中央通信社によると、バイデン大統領が派遣した米国代表団率いるマイケル・マレン元統合参謀本部議長はこの日、台北で蔡英文総統を表敬訪問して「代表団の訪問を通じて蔡総統と台湾国民に米国が約束を固く維持していくと改めて保証する」と明らかにした。

この日の表敬訪問にはマレン氏の他に代表団のメンバーのメーガン・オサリバン元大統領副補佐官(国家安全保障担当)、ミシェル・フロノイ元国防次官、国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長を務めたマイケル・グリーン氏とエバン・メデイロス氏も参加した。

米国代表団の今回の訪台はウクライナ戦争を契機に台湾の安保不安が急速に大きくなった中で行われた。

外交界では米国政府が事実上大統領特使団の派遣を通じて超党派的な支持意志をアピールすることによって、台湾の安保不安を払拭する一方、中国には強い警告を送ったという解釈だ。

バイデン大統領の指示に伴う今回の代表団訪台は、昨年4月にクリス・ドッド元上院議員ほか、、国務副長官を務めたリチャード・アーミテージ、ジェームズ・スタインバーグら3人で構成された非公式代表団訪問以降、二度目となる。

今回の代表団とは別に、米国共和党の次期大統領有力候補の1人であるマイク・ポンペオ元国務長官も台湾シンクタンクの招待で来月2~5日に台湾を訪問する。ポンペオ氏は3日に蔡総統を表敬訪問し、4日に公開演説を行う予定だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3a7248ef73b378cc679265bfba4d4b7a7b9f9920




管理人
ネットの反応
名無し
これと今日の台湾の大規模停電と関係ある?

名無し
バイデンの言う、ウクライナにアメリカが軍事的に参戦すれば核を持つロシアと世界大戦に成ると言う事は解るが、中国も核の増強しているさなか台湾侵攻した時に核大国に成った中国にアメリカが本当に助けてくれるか台湾の人々は不安でしょう。日本も台湾も状況は変わらない
名無し
対中包囲網を基軸とするクアッドに最前線の台湾が参加することはとても有意義なことと思います。台湾は自国防衛に力を入れており現在の4カ国と効果的な連携が出来ると確信します。
名無し
今回のロシアの行動を見れば当然だと思います、ましてはその行動を黙している大国が対岸に有れば尚更危機意識を持つと思います。
名無し
台湾が国となることになれば、ウクライナと同じことが必ず起こる。中国には、台湾を統一する目論みを諦めさせることが、より大事になってくると思う。
名無し
台湾のクワッド参加を歓迎します
名無し
台湾のクアッド参加は賛成
名無し
良い流れ





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Share: