国際 東アジア

米ワシントンタイムスが、武漢には中国の生物兵器プログラムに関連する2つの研究所があることを初めて報じる 「世界中に広がる致命的なウイルスの流行は、中国の秘密の生物兵器プログラムにリンクされた武漢研究所で発生した可能性があります」

この記事をシェアする

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ

機械翻訳

ウイルスに襲われた武漢には、中国の生物兵器プログラムに関連する2つの研究所があります

イスラエルの生物兵器の専門家によると、世界中に広がる致命的な動物ウイルスの流行は、中国の秘密の生物兵器プログラムにリンクされた武漢研究所で発生した可能性があります。

Radio Free Asiaは今週、2015年から武漢地方テレビのレポートを再放送し、Wuhan Institute of Virologyとして知られる中国で最も進んだウイルス研究所を示しました、とRadio Free Asiaは報告しました。

研究所は、致命的なウイルスを扱うことができる中国で唯一の宣言された場所です。

中国のバイオ戦争を研究した元イスラエルの軍事情報官であるダニー・ショーハムは、同研究所は北京の秘密の生物兵器プログラムにリンクしていると述べた。

「研究所の特定の研究所は、少なくとも研究と開発の観点から、少なくとも付随的に中国の生物兵器に従事しているが、中国のBW調整の主要な施設としてではない」とショーム氏はワシントンタイムズに語った。

生物兵器の研究は、民間と軍事の二重研究の一環として実施されており、「完全に秘密」であるとメールで述べた。

ショーハムは、医学微生物学の博士号を取得しています。 1970年から1991年まで、彼は中東および世界中での生物学的および化学的戦争に関するイスラエル軍事情報の上級アナリストであり、中佐のランクを保持していました。

過去の中国は、攻撃的な生物兵器の保有を否定してきました。 国務省は、昨年の報告書で、中国が秘密の生物兵器の作戦に従事している疑いがあると述べた。

中国大使館のスポークスマンはコメントを求めるメールを返さなかった。

中国当局はこれまで、湖北省中央部で数十人を殺し、数百人を感染させたコロナウイルスの起源は知られていないと述べた。

中国疾病管理予防センターのガオ・フー局長は、木曜日の時点で国営メディアの最初の兆候は、ウイルスが武漢の水産物市場で販売された野生動物に由来することを示していると語った。

米国当局者によると、1つの不吉な兆候は、数週間前に流行が始まって以来、中国のインターネット上でウイルスが細菌兵器を広めるための米国の陰謀の一部であると主張しているという偽の噂が流れ始めているということです。

これは、中国が武漢の民間または防衛研究所のいずれかから新しいウイルスが逃げたという将来の罪に対抗するための宣伝手段を準備していることを示している可能性があります。

世界保健機関は、微生物を新しいコロナウイルス2019-nCoVと呼んでいます。 木曜日のジュネーブでの会議で、組織は国際懸念の公衆衛生緊急事態を宣言するのをやめました。

ウイルスの発生は肺炎のような症状を引き起こし、拡散を止めるために中国が今週武漢に軍事力を展開するように促しました。 1,100万人の都市からの旅行はすべて停止されました。

武漢研究所は過去に、重症急性呼吸器症候群、またはSARS、H5N1インフルエンザウイルス、日本脳炎、デング熱を引き起こす株を含むコロナウイルスを研究しています。 研究所の研究者は、かつてロシアで開発された生物因子である炭thr菌を引き起こす細菌についても研究しました。

「コロナウイルス(特にSARS)は研究所で研究されており、おそらくそこに保持されている」と彼は言った。 「SARSは、中国のBWプログラム全体に含まれており、いくつかの関連施設で対処されています。」

研究所のコロナウイルスの配列が生物兵器プログラムに具体的に含まれているかどうかは不明だが、可能だと彼は言った。

ショーハム氏は、新しいコロナウイルスが漏れているのではないかと尋ねられた。「原則として、外部へのウイルスの侵入は、漏れとして、または通常施設から出て行った人の気付かない室内感染として起こるかもしれない。 これは武漢ウイルス学研究所の場合にも当てはまりますが、これまでのところ、そのような事件の証拠や兆候はありません。」

研究者が新しいコロナウイルスのゲノムの配列を決定した後、その起源またはソースを決定または示唆することが可能かもしれません。

ショハム氏は現在、イスラエルのバーイラン大学に戦略研究のためのBegin-Sadat Centerを置いており、ウイルス研究所は病原体レベル4のP4として知られる中国で唯一の宣言されたサイトであり、 研究中の最も危険で外来の微生物の拡散を防ぎます。

元イスラエルの軍事情報機関の医師はまた、カナダで働いている中国のウイルス学者のグループが、彼が言ったエボラウイルスを含む地球上で最も致命的なウイルスのサンプルを中国に不適切に送ったとき、武漢ウイルス学研究所について疑念が生じたと述べた。

防衛研究所と分析研究所の7月の記事で、ショーハム氏は武漢研究所は生物兵器開発のいくつかの側面に携わっている4つの中国の研究所の1つであると述べました。

彼は、研究所の安全な武漢国立生物安全研究所が、エボラ、ニパ、クリミアコンゴ出血熱ウイルスの研究に従事していると特定しました。

武漢ウイルス学研究所は、中国科学院の下にあります。 しかし、その中の特定の研究所は、「中国の防衛施設内のPLAまたはBW関連の要素と連携している」と彼は言った。

1993年、中国は2番目の施設、武漢生物製品研究所を、1985年に中国が参加した生物兵器禁止条約(BWC)の対象となる8つの生物兵器研究施設の1つとして宣言しました。

武漢生物製品研究所は民間施設ですが、中国の防衛施設とリンクしており、中国のBWプログラムに関与しているとみなされているとショーハム氏は言いました。

中国のSARSに対するワクチンはおそらくそこで生産されています。

「これは、SARSウイルスがそこで保持および伝播されることを意味しますが、野生型が変更されていない限り、新しいコロナウイルスではありません。

武器条約の遵守に関する国務省の年次報告書は、昨年、中国が生物兵器を支援できる活動に従事したと述べた。

「情報は、中華人民共和国が、報告期間中に潜在的な二重用途の生物学的活動に従事したことを示しており、BWCの順守に関する懸念を引き起こしている」と報告書は述べ、米国は中国が 条約で義務付けられている生物兵器プログラム。

「米国は、潜在的な二重用途と生物学的脅威としての可能性があるため、中国の軍事医療機関の毒素研究開発に関してコンプライアンスの懸念を持っています」と報告書は付け加えました。

バイオセーフティラボは、湖南シーフォードマーケットから約20マイルのところにあり、中国からの報告によると、このウイルスの起源である可能性があります。

ラトガーズ大学の微生物学者であるリチャード・エブライト博士は、ロンドンのデイリー・メールに対し、「この時点では疑惑を抱く理由はない」と語った。

https://m.washingtontimes.com/news/2020/jan/24/virus-hit-wuhan-has-two-laboratories-linked-chines/

※関連ツイート
中国のスパイ研究者夫婦は最近、武漢の施設に病原体を送っていたため、カナダのレベル4感染症施設から外された。
夫はコロナウイルス研究専門。


※関連ツイート

関連記事

管理人
ネットの反応

※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


この記事をシェアする

-国際, 東アジア

Copyright© アノニマス ポスト , 2020 All Rights Reserved.