NHK受信料「死後も請求」が話題に 遺族が悩む故人のサブスク解約の対処法 =ネットの反応「悪魔の所業」「みんな、生きてる間に解約しとけ」

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




急死した一人暮らしの親戚の遺品を整理した際にNHK受信料が引き落とされ続けていることが判明。支払いを止めて、死後の支払い分を取り戻すために悪戦苦闘をした……春先、そんな苦労をした人のツイートがネットで話題になった。

 亡くなった人がテレビを見ているわけがないのに、支払いを止めてくれない。当人以外が手続きするとなると手間は本人のとき以上で、事態を収めて損失を取り戻すには膨大な書類と交渉が必要になる。遺族側からすると実に不条理な状況といえる。ただ、筆者はこの話題を知ったときに既視感を覚えた。似た事例をサブスクリプション界隈でもよく耳にしているからだ。

■引き落としが止まった後に郵送で請求書が届くケースも

 定額制サービスを提供する立場からすると、契約者が亡くなった後にいつまで請求を続けるかは判断が難しい。何しろ生死を正確につかめる手段はない。

 そのため、遺族からの申請をきっかけに契約を終了するとしているケースが多いようだ。

 NHKも解約の届け出があった日を解約日とすることを原則としている。遺族等により要望があった場合は住民が亡くなった日までさかのぼっての解約とする措置も個別に応じているが、それは例外的な対応だ。例外ゆえに、契約者の死亡やその後の利用状況を含む多くの証明が必要になるなど手続きは煩雑になってしまう。

 しかし、口座振替やカード退会で支払いが滞った際は、請求書を郵送する形で支払いを促すケースも増えている。葬儀を終えた数カ月後に故人名義の請求書が届いたという話は、ここ数年でよく耳にするようになった。支払い滞納分を含めても数千円程度という比較的少額の請求も珍しくない。

 一方で、お金の流れが滞った時点で解約とみなすケースもある。典型例はマイクロソフトだ。同社はオフィススイートアプリやクラウドサービスなどを定額制で提供している。その契約者が亡くなった場合は、遺族等が代理でログインしてサービスの停止を申請することを認めているが、IDとパスワードが分からない場合は「お客様の銀行口座やクレジットカードの停止、承認の取り消し、または銀行への通知を行うことで停止することができます」と明言している。

全文はソースでご確認ください。
https://diamond.jp/articles/-/304879





管理人
ネットの反応
名無し
震災で死んだ人からも口座から金がなくなるまで盗ってるんだろうな
名無し
悪魔の所業
名無し
死んでも契約が無効にならずに勝手に遺族に引き継がれるとかおかしくね???
名無し
滞納すると・・・・・・
 
電気 → 止まる
水道 → 止まる
電話 → 止まる
携帯 → 強制解約
賃貸住宅 → 解約
 
税金 → 強制執行、差し押さえ
NHK → 強制執行、差し押さえ
 
NHKは、いつの間にか税金と同じ権力を持つ機関になってる
名無し
NHK「あの世にはカネ持って行けへんのやで?代わりに我々が有意義に使うたるわ」
名無し
許せねえなNHK
名無し
年間 25000円の
強制 高額サブスク
名無し
契約した罰
名無し
ゆりかごから墓場に入った後まで請求するNHK。
名無し
死亡届が受理されれた時に役所と連携して解約すればいいのに
名無し
NHKはこの世から撲滅すべき
名無し
みんな、生きてる間に解約しとけ





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.