半導体露光装置の世界シェア80%以上を誇るオランダのASML、米従業員に「中国のいかなる顧客へもサービスや配送、サポートの提供の停止」を指示 米政府の規制受け =ネットの反応「米国は本気」 

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




ASML、米従業員に中国の顧客へのサービス停止を指示-新規制受け

オランダの半導体製造装置メーカー、ASMLホールディングは米国の従業員に中国の顧客へのサービスを停止するよう求めた。従業員に送付された社内電子メールで明らかになった。バイデン米政権の新たな対中規制を受けた措置だという。

  米国の経営チームは国内の従業員に宛てた電子メールで、「今回の規制でどの工場が影響を受けるかを積極的に見極めていくが、米従業員はさらなる連絡があるまで直接、間接を問わず中国のいかなる顧客へもサービスや配送、サポートの提供を手控えなくてはならない」と指示。米国民のほか、永住権保有者と同国在住の外国人を含む全ての従業員が対象だと説明した。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-10-13/RJNXIKDWRGG001




管理人
ネットの反応
名無し
結局、これが出来るしやらせられるのがアメリカの強さだよなぁ
名無し
半導体情勢、まだまだ厳しくなりそうだなあ
名無し
米国の社員向けであって、オランダ本社の社員はサービス継続するんだろうな
名無し
遅かれ早かれ日本の半導体関連企業も中国から距離を置かざるをえないだろ
名無し
米国は本気





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Share: