共和党議員、ツイッター社員に議会証言求める意向 民主党からの依頼でバイデン大統領の息子、ハンター・バイデンのスキャンダルをTwitter上でブロックした問題で

 にほんブログ村 政治ブログへ




共和党議員 ツイッター従業員に議会証言求める意向、ハンター・バイデン記事検閲で

来年の議会で下院監視・政府改革委員会の議長に就く予定のジェームズ・コーマー議員(共和党 ケンタッキー)は、バイデン大統領の息子ハンター氏の「ラップトップ報道」をめぐって、ニューヨークポスト紙の記事の配布を制限するなどの措置に関与したツイッター社員を、委員会に召喚する意向を示した。

この日、米ジャーナリストのマシュー・タイビ氏はツイートを連投し、ツイッター社の決定の経緯や関係者間のメールのやりとりを暴露した。

これを受け、コーマー議員は「ハンター・バイデンのラップトップ報道の抑圧に関与したすべてのツイッター社員は、議会の前で、対応の裏側について国民に説明する機会を持つことになる」と説明。さらに「われわれが、ラップトップにあった素材に言及し、バイデン一家についての調査を発表した際、主要メディアの多くは単なる陰謀論だと言っていた。主要メディアはどういうわけか、ラップトップがロシアの偽情報だという古びた論点をいまだに使っている」と加えた。

NYポスト紙 ハンター・バイデン「ラップトップ報道」
2020年大統領選を約3週間前後に控えた10月14日、ニューヨークポスト紙は、ウクライナにある天然ガス会社ブリスマ社の幹部からバイデン氏の息子、ハンター氏に送られたと見られるメール文書を引用し、ハンター氏が、同幹部と当時副大統領だったバイデン氏の面会を仲介をしたと報じた。ポスト紙が記事を投稿すると、ツイッターは、同社のアカウントをロック。さらに記事のリンクの共有をブロックするなど、配布制限を設けた。

全文はリンク先で
https://www.mashupreporter.com/gop-vows-to-bring-twitter-employees-before-congress-over-hunter-biden-laptop-censorship/

関連記事





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2023 All Rights Reserved.