テラ・ラボ(愛知県春日井市)が航続距離1000kmの無人航空機(ドローン) 滑走路が不要な垂直離発着型「テラ・ドルフィンVTOL」を量産へ ⇒ネットの反応「これは需要があるぞ、あらゆる方面で」

まずは、クリックのご協力をお願いします
 ↓↓↓m(__)m
 にほんブログ村 政治ブログへ




航続距離1000kmの無人航空機、テラ・ラボが量産へ

テラ・ラボ(愛知県春日井市、松浦孝英社長)は、航続距離1000キロメートルの無人航空機「テラ・ドルフィンVTOL」の量産を2025年に始める。試験機の飛行試験を行いつつ機体の改良を進める。これまでの実験機をもとに量産モデル機体を再設計し、部品もバージョンアップする。

その上で各種検査を通じて仕様や製造管理資料を作成し、量産につなげる。量産する機体は滑走路が不要な垂直離発着型で、洋上の長時間飛行に耐えられるように高い剛性に設計する。広域災害調査のほか、領海防衛など洋上監視用で需要を見込む。

航続距離1000kmの無人航空機、テラ・ラボが量産へ(ニュースイッチ) - Yahoo!ニュース
...




管理人
ネットの反応
名無し
攻撃機能が無いなら、ウクライナに輸出出来そうかな
名無し
これは需要があるぞ、あらゆる方面で
名無し
どんどん量産してほしい




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村