バイデン大統領 中国が台湾侵攻の場合「アメリカ軍の戦力の使用を排除しない」 軍事的に関与する可能性に言及 ⇒ 峯村健司氏「これは踏み込んだ発言」

まずは、クリックのご協力をお願いします
 ↓↓↓m(__)m
 にほんブログ村 政治ブログへ




バイデン大統領“中国が台湾侵攻の場合 戦力使用を排除せず”

アメリカのバイデン大統領はメディアのインタビューで、中国が台湾に侵攻した場合の対応について「アメリカ軍の戦力の使用を排除しない」と述べて軍事的に関与する可能性に言及しました。

アメリカのバイデン大統領は先月28日、ホワイトハウスでアメリカの雑誌、「タイム」のインタビューを受け4日、その内容が公開されました。

この中でバイデン大統領は台湾情勢をめぐり「私は習近平国家主席に対し、われわれは台湾の独立を目指している訳ではないと明確にしている」と述べて従来からのアメリカの政策に変更はないと強調しました。

ただ、中国が台湾に侵攻した場合の対応について「アメリカ軍の戦力の使用を排除しない」と述べて軍事的に関与する可能性に言及しました。

バイデン大統領“中国が台湾侵攻の場合 戦力使用を排除せず” | NHK
...


潜入中国 厳戒現場に迫った特派員の2000日 (朝日新書)

潜入中国 厳戒現場に迫った特派員の2000日 (朝日新書)

峯村 健司
765円(07/24 11:01時点)
発売日: 2019/09/13
Amazonの情報を掲載しています




管理人
ネットの反応
名無し
息子はラリってるけど、パパは脳の調子が良いみたいで良かった👍
名無し
もともと中華民国が戦勝国家である。
基本的に。
名無し
ボケと正常を繰り返してるから…
この時は正常だったんだろう




楽天市場

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
 にほんブログ村 政治ブログへ

Amazon プライム対象