ロシア、日本の北方領土、択捉(えとろふ)島付近で潜行している米国の最新鋭攻撃型原子力潜水艦を探知 退去を警告

※まずはブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
↓ ↓ ↓
 にほんブログ村 政治ブログへ




 

露、ウルップ島沖で米原潜探知…「領海」退去を警告と発表

 【モスクワ=工藤武人】ロシア国防省は12日、露海軍太平洋艦隊が、クリル諸島(千島列島と北方領土)のウルップ島沖の演習海域付近で、米国の最新鋭「バージニア級」攻撃型原潜が潜行しているのを探知し、「領海」から立ち去るよう警告したと発表した。露国防省は12日、露駐在の米国武官を呼んで抗議した。

露国防省は米原潜が警告を無視し、全速力で立ち去ったと説明している。

 ウルップ島は北方領土の択捉島の北隣に位置している。米露関係はウクライナ情勢を巡って緊張しており、最近は北方領土問題でも摩擦が強まっていることから、双方が互いの動向に神経をとがらせている可能性がある。

https://www.yomiuri.co.jp/world/20220213-OYT1T50132/








※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2022 All Rights Reserved.