【新潮】朝日新聞前ソウル支局長、夫婦で不正な会計 旭日社員「朝日の悪いところは、社内外にきちんと説明しないこと。“身内に甘い”と言われても仕方ないですよ」

 にほんブログ村 政治ブログへ




朝日新聞前ソウル支局長、夫婦で不正な会計 朝日はひた隠しに

 官公庁や企業の不正に目を光らせ、どこよりも早く報じようと日夜しのぎを削る。そんな新聞業界の中にあってクオリティー・ペーパーを自任する「朝日新聞」が、身内の不祥事をひた隠しにしていたとなれば、読者はどう思うだろう。しかも舞台は本誌(「週刊新潮」)が今年2月に報じたローマ支局に続き、またもや海外支局である。前ソウル支局長による妻と経費の“公私混同”。その顛末を以下に――。

 今月4日付で朝日新聞の前ソウル支局長に対して、「東京本社編集局付」となる人事が社内で発令された。

「会社からは一切説明がありませんが、社内の人間なら誰もが“何かやらかしたな……”と思いますよ」

 と話すのは、朝日新聞に勤務するベテラン社員だ。

「対象者は今年4月までソウル支局長を務めた後、経済部に転じた神谷毅記者で、5月から福岡に駐在していました。それから半年あまりで局付になったわけですから、よほどの不祥事を起こしたんだなと。先月までバリバリ署名記事を書いていた人間が、取材現場の第一線から姿を消したわけですからね。朝日の悪いところは、それを社内外にきちんと説明しないこと。“身内に甘い”と言われても仕方ないですよ」

助手たちに領収書を偽造させ…
 件の神谷前ソウル支局長がニュースサイトで記したプロフィールによると、1972年生まれで早稲田大学政治経済学部を卒業した後、95年に朝日新聞に入社。経済部、ソウル特派員、GLOBE副編集長、国際報道部次長を歴任してきたのだとか。

 さる朝日新聞の関係者が明かすには、

「満を持して2019年の春にソウル支局長として韓国へ赴任後、彼は支局で助手をしていた韓国人女性と現地で再婚したんです。当時、朝日のソウル支局には支局長と日本からの特派員である社員記者が1名。その他、男女合わせて4人の韓国人助手がいましたが、助手たちに領収書を偽造させて80万円ほどを請求していた。社内調査に対して彼は“取材先との会食で持ち出しが多く、埋め合わせのためにやってしまった”と抗弁しましたが、会社は最終的に停職1カ月の処分を下したそうです」

全文はリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/9ba6c7090abebc9832059d0e2c11aa329c3ea83f



管理人
ネットの反応
名無し
他者の不祥事は「社長を出せ」だけど
カスゴミは自社の不祥事はこっそり処理
卑怯者しかいないカスゴミ
人間のクズの集まり
名無し
事件の影にあいつらがいるな
名無し
>そんな新聞業界の中にあってクオリティー・ペーパーを自任する「朝日新聞」
 
なんか、ここで笑っちゃうようになったわ
名無し
な?アカヒだろ?
名無し
新潮砲w
まあアカヒなら叩けば埃とキムチがいくらでも出るな
名無し
実に朝日新聞らしい出来事のオンパレード
名無し
押し紙の闇も早よ





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

Copyright© アノニマス ポスト , 2023 All Rights Reserved.