『戦場に行くのは若者』『民進党政権が続けば戦争になる』『平和か戦争かの選択』 来月投開票の台湾総統選に向けて、中国政府が台湾の若者に対して情報戦 台湾の情報当局者が明らかに

 

クリックのご協力をお願いします
 ↓↓↓m(__)m
 にほんブログ村 政治ブログへ




【台北共同】台湾の情報当局者は13日までに、来月投開票の総統選に対する中国の介入に関して総合的な分析内容を明らかにした。
今回の総統選を「平和か戦争の選択」だと位置付ける中国の世論工作について、今回初めて総統選に投票する若者らを対象にしたものだとの見方を示した。
 中国は、独立派と見なす与党、民主進歩党(民進党)政権が続けば「戦争」の危険が高まると宣伝。
当局者は、初めて総統選の有権者となる100万人余りを含む若者らの投票行動が「非常に重要」だと強調。
「戦場に行くのは若者」との認識を植え付けた上で、若者の投票に影響を与える狙いだと分析した。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/295831

抜粋 機械翻訳

台湾では来年1月13日に総統選挙と立法議会選挙が行われる。台湾当局者らは、中国政府が台湾の有権者を中国との緊密な関係を主張する候補者に誘導しようとしていると警告した。

報道によると、汪滬寧氏が主宰する台湾に関する実務会議は定例ではなく、国際情勢や台湾国内の政治情勢の変化に対応して特別に拡大された会議で、最新の指示が発出された。選考業務については、トップダウンによる組織的かつ大規模なアプローチから、「細分化」したアプローチへと全面的に転換します。

台湾の内部安全保障報告書をまとめたものによると、主な任務には、中国サイバースペース局を通じて中央宣伝部が世論に影響を与えることや、台湾をターゲットにした多くのメディアシステムの福州311基地(認知操作を担当)が含まれる。台湾事務弁公室と統一戦線工作部は、統一戦線の交換対象の選定、対象を絞った優先旅行の提供、台湾のビジネスマンへの台湾帰りの航空券の割引提供など、台湾における草の根の勧誘を担当している。焦点は大規模な活動を回避し、国際社会が選挙への干渉の実質的な証拠を見つけないようにすることだ。

報告書はまた、中国共産党の台湾に対する心理戦の主軸は今後も「平和か戦争かの選択」であると指摘した。この声明は、与党・民進党が引き続き政権を握った場合、中国との戦争が起こる可能性があると主張している。これは、「台湾の独立は戦争を意味する」という中国国営メディアCCTVの繰り返しの主張と同調している。

台湾の国家安全保障当局者はまた、台湾がホスピタリティツーリズムに関する調査を開始したことに中国政府も注目していると述べた。同当局者は「選挙介入という点であまりに明白であれば、逆効果になる可能性がある」と述べた。

台灣情報稱:中國召開跨部門會議討論對台“介選”工作
...




管理人
ネットの反応
名無し
やばいけどこっちが本腰の中共政権(-_-;)
数年の派手な死傷者だす上陸戦よりはるかに効率よく【かつ政治的決着だと100年の計として固定される
名無し
しっかり中国に勝利しましょう
名無し
その戦争を仕掛けるのは第三国でもなく中国だろうに




※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村