田原総一朗「中露はもう伸びない… これから衰退していくと思う」90歳の著者が遺言代わり、畢生の書 ⇒ネットの反応「化石左翼ですら見放したのか」「その遺言、しっかと受け止めた! だからもう…」

まずは、クリックのご協力をお願いします
 ↓↓↓m(__)m
 にほんブログ村 政治ブログへ




田原総一朗さん「中露はもう伸びない…これから衰退していくと思う」 90歳の著者が〝遺言代わり〟畢生の書『全身ジャーナリスト』

全身ジャーナリスト (集英社新書)

全身ジャーナリスト (集英社新書)

田原 総一朗
1,210円(07/13 01:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

ー前略ー
――『塀の上を走れ』(2012年)以来ほぼ10年ぶりの自伝

「この10年間で、日本の社会や、日本を取り巻く状況は、かなり変わったと思います。『どんどん生きにくく』なっていますねぇ。各マスコミも批判が怖いから、言いたいこと言えない。それが問題ですよ」

・紙の文化や情報を活字メディアは若い世代に教えないと
――ジャーナリズムの中でも、とりわけ活字メディアが厳しい

「新聞がなぜ売れなくなったのか? それは面白くないから…。今や若い人たちはネットで『自分が面白い』と思う情報だけを見るでしょ。だけど、僕はそれが危険だと思う。新聞やテレビは(関心のないものを含めて)いや応なく幅広い情報を伝える。ネットで『見たい情報だけ』を見ていると、どんどん視野が狭くなってしまうんです。紙の文化や情報は大事だし、これからも期待できると僕は思う。(新聞社や出版社は)そのことをもっと若い世代に教えないといけませんよ」

――日本を取り巻く状況も厳しくなるばかり。ライフワークとして掲げる「日米安保における日本の主体性」とは

「戦後の世界で、アメリカは世界一豊かで、強い国でした。ところが、アメリカの力が相対的に弱くなり、『パクス・アメリカーナ』(アメリカによる平和)の時代が終焉を迎えると、日米安保も、それまでの(安全保障を一方的にアメリカに依存する)『片務』→『双務』に変わることが必要になった。つまり、日米安保を維持してゆくには、日本が、主体性を発揮する新たな形を構築しなくてはならなくなったわけです」

・アメリカは安倍政権を本気で潰そうとしていた
――そこで、安倍晋三政権は集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈の変更に踏み切った。田原さんは第二次の安倍政権を評価している

「そうですね。安倍さんの思いは、日米安保を維持しつつも、『アメリカにバカにされない国』になることでした。そのために僕は安倍さんと何度も会ってアドバイスもした。靖国問題はそのひとつ。安倍さんは(首相に復帰した2013年に)参拝したけど、僕は『二度と行くな』と言いました。それは、中韓だけでなく、アメリカが『戦前の日本』に戻ることを懸念し、安倍政権を本気で潰しにかかろうとしていたからですよ。安倍さんは『分かった』といい、(首相在任中は)靖国に行かなかった」

・日本は台湾侵攻阻止で米中間のパイプ役になるべきだ
――日本に求められる役割は、米中間を取り持つパイプ役になること

「中国の台湾侵攻が懸念されているが、そうなれば、アメリカは日本に『ともに戦え』と求めてくるでしょう。そんなことになったら、日本の国土はめちゃめちゃになってしまいますよ。アメリカもホンネでは中国と戦争をしたくない。だから日本は『外交の力』で、中国に台湾侵攻させないようにするパイプ役になるべきです。日本の政治家の中にはそれができる人がいると僕は思うし、アメリカも期待していますよ」

――とはいえ、今の国際社会の中では、「力による現状変更」を強行する中露などに対し「民主主義」陣営は、劣勢に立たされ、歯止めがかけられないように見えるが

「歯止めがかけられない…実は、それこそが『民主主義のすごさ』なんだと僕は思いますねぇ。(強権的な国は)国民による政府の批判も認めない。そんなことをすれば刑務所行きですよ。人間は理性だけで生きているのではありません。感情をもっている。そんな状況に置かれた人間が満足できますか? (現在の国際情勢に対して)『心配がない』とは言わないけど、(中露は)もう伸びない。これから衰退してゆくと思います」

――ところで、政治とカネの問題で今や自民党はガタガタ

「ああいう問題が露呈するのも日本のよいところ、言論の自由があるからです。政権交代ですか? 本来なら自民党は持たないんですけれど、野党もひどい。各野党が組んで、政権を奪取しようという意気込みが見えませんからね」

ー後略ー
■田原総一朗

全文はソースから
2024.6/1 10:00
https://www.zakzak.co.jp/article/20240601-BLMRKYFSYZNGTCHABLCCZHT7DE/




管理人
ネットの反応
名無し
誰かと思えば田原総一朗か
名無し
中国支持のジジイすら諦める経済破綻した中国
名無し
まだ生きてのか田原
名無し
>各マスコミも批判が怖いから、言いたいこと言えない。それが問題ですよ
 
コミュニティノート被弾の事ですか?
捏造、偏向報道しすぎましたね
嘘はいかんよ、嘘は
名無し
テレビはアナログでネットも無い時代の新聞はテレビ欄とスポーツ記事を見る為の物
その他の記事は見出ししか見られてなかったんじゃないの
それでもテレビと新聞が情報を独占出来ていた時代で
左翼にとっては夢のような時代でしたね
捏造、偏向しまくってましたもんね
・・・それは今でもか
名無し
>新聞がなぜ売れなくなったのか? それは面白くないから…。
 
そら記者の個人的な妄想なんか読んでも面白くねーわ
名無し
ロシアは侵略
中国はその支援
欧米から切り離されて成長鈍化だろうね
名無し
あれ?なんかこの間と言ってること正反対なんだけど
名無し
>「新聞がなぜ売れなくなったのか? それは面白くないから…。今や若い人たちはネットで『自分が面白い』
>と思う情報だけを見るでしょ。だけど、僕はそれが危険だと思う。
 
お前のことじゃん
自分が面白いと思うことを見てるんじゃなくて言ってるだけだってか?
名無し
デマゴーグもどきがジャーナリストを名乗ってんじゃねえよ
名無し
いいたいことが言えない→テレ朝の意向にそってあの茶番やってたじゃん
名無し
誰が見てもそう見えるのに、つまらん遺言




楽天市場

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします
 にほんブログ村 政治ブログへ

Amazon プライム対象