【中央日報】7月から施行される日本の「対中国半導体装備輸出規制」… 中国の半導体業界「米国の規制より打撃」=ネットの反応「効いてるw 効いてるw」

まずは、クリックのご協力をお願いします
 ↓↓↓m(__)m
 にほんブログ村 政治ブログへ





日本の半導体装備輸出規制…中国業界「米国の規制より打撃」

23日に日本政府が出した半導体関連輸出規制措置に中国が緊張している。7月から施行されるこの規制が、米国が昨年10月に出した対中半導体輸出規制よりも大きな打撃になりかねないためだ。

日本経済新聞などによると、日本の経済産業省はこの日半導体関連23品目を輸出管理規制対象に追加する省令を公布した。追加規制対象には極端紫外線(EUV)露光装備の製作に必要な設備やエッチング装置などが含まれた。

改正案は特定の国を明示していないが、23品目に対しては韓国・米国など友好的な42カ国・地域を除いた残り地域に輸出する際に日本の企業が個別に経済産業相の許可を受けるようにした。同紙は7月23日から施行されるこの措置が事実上中国を狙ったものと評価した。

中国の半導体業界では懸念が大きい。中国のある半導体会社役員はフィナンシャル・タイムズに「日本の措置は昨年の米国の輸出規制より中国をさらに不安にさせるだろう」と話した。細部条項を検討してみると日本が米国よりも一歩踏み込んで中国の半導体生産を防ぐ措置を出したとみられるという反応だ。

米国が18ナノメートル(1ナノメートルは10億分の1メートル)DRAM、14ナノメートル以下のシステム半導体など先端半導体の輸出だけ規制するのに対し、日本は45ナノメートル級汎用半導体製造に使われる露光装備などまで輸出規制に含むとみられるためだ。もし汎用半導体製造にまで支障が出るならば中国企業は洗濯機などの家電製品から自動車に至るまで多様な製品生産に打撃を受けるほかない。

また、こうした日本政府の動きがオランダと米国の今後の歩みに影響を与える可能性もある。オランダは7月に関連規制を出す予定だ。

このため中国半導体産業協会は先月、「日本が制限する輸出装備の範囲がとても広範囲で、成熟した半導体技術供給網に影響を及ぼしかねない。日本が日中半導体産業間の協力的な関係を破壊しようとするならば中国政府が断固とした対応措置を取ってほしい」という内容の声明を出した。

中国商務部も23日、「日本政府の措置は輸出管理措置の乱用であり自由貿易と国際経済・貿易規則に深刻に反するもので、これに対し断固として反対する」として即時是正を要求した。これと関連し日経は、中国が米国の半導体輸出規制に対して世界貿易機関(WTO)に提訴したように日本にも同様の行動を取る可能性があると予想する。

一方、人工知能(AI)用先端半導体分野で世界1位の米エヌビディアのジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)は24日に報道されたフィナンシャル・タイムズとのインタビューで、「米国と中国間の半導体戦争が米国のテック産業に途轍もない被害を与える恐れがある」と話した。

ファンCEOは「バイデン政権が中国の半導体産業牽制に向け実施した輸出統制でシリコンバレーの企業は後ろ手に縛られた状態。米国のテック業界で3分の1を占める中国市場を失えばわれわれは米国にこれ以上半導体工場を作る必要がない」と話した。バイデン政権が自国内に半導体工場を作らせるためにCHIPS法を通じた大々的な支援を施行中だが、対中輸出制裁でこの政策が無用の物になりかねないという警告だ。

日本、半導体装備輸出規制…中国業界「米国の規制より打撃」
中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします




管理人
ネットの反応
名無し
中国政府の撒いた種だからな
名無し
つまり支那の報復内容がこれから強くなっていくって事か
名無し
中国は、日本製中古の半導体製造機械を買ったみたいだが、製造元の日本企業は、中国に整備に行かないだろ
どうすんの?
名無し
もし中国に整備しに行ったら
中国政府が報復としてスパイ容疑で監禁されそう。
名無し
中国がやって来たことに比べればまだまだ優しいw
名無し
日台に喧嘩売ると半導体が思う様に作れない訳
↓↓

名無し
日本はかなり警戒しないとやばそう
中国はやり返す国だから
名無し
日本不要とか言ってたのに今更かよw
名無し
中国製造2025では国内比率70%だったな。もはや幻もいいとこだわ。
現在の国内比率が16%、外資の分を抜いた純粋な支那企業だと6%、ほとんど作れないって事だわw
名無し
台湾取られてシーレーン握られたら日本終わる
遅かれ早かれ中国とは敵対するしかない
名無し
サムスンやSKの中国工場にも輸出規制がかかるねぇww
名無し
もともと日米の技術をもらって日米にモノを売った金で日米を支配する算段にムリがあったんでない?





※コメントはTwitterのほうへどうぞ。

※ブログランキングにクリックのご支援何卒宜しくお願いします


政治ランキング

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村